歯列矯正に
こんなイメージありませんか?

今のマウスピース矯正なら

従来より楽に矯正ができます!

表(他社比較)はタブレット以上のサイズでのみ編集可能です
(実際の公開ページではタブレットサイズ以下で横スクロールが表示されます)
マウスピース矯正
ワイヤー矯正(表)
ワイヤー矯正(裏)
ワイヤー矯正(部分)
治療方法
透明なマウスピースを食事と歯磨きの時以外(一日20時間以上、22時間以上を推奨)歯に装着し、少しずつ歯を動かしていく
歯に金属やセラミックの留め具(ブラケット)とワイヤーを装着し、1か月に1回程度ワイヤーを締め歯を動かす。
歯の裏側(舌側)にワイヤーを装着する方法。1か月に1回程度ワイヤーを締め歯を動かす。
歯に金属やセラミックの留め具(ブラケット)とワイヤーを装着し、1か月に1回程度ワイヤーを締め歯を動かす。
特徴
透明で目立たない。
矯正治療をしていることが周りに分からない。
治療開始時や治療中に矯正完了時の歯並びや歯が移動していく様子が3-Dで確認できる。
適用範囲が広く、外科的矯正を含めたほぼすべての症例に対応可能。金属のブラケットやワイヤーが目立つこともあるが、セラミックのブラケットなど、目立ちにくい材料に変更も可能。
裏側につけるためワイヤーが目立たず、矯正治療をしていると気づかれにくい。
金属のブラケットやワイヤーが目立つこともあるが、セラミックのブラケットなど、目立ちにくい材料に変更も可能。
治療の痛み
ほとんどない。
ワイヤーを締めた痛みが出ることがある。
金具が原因の口内炎ができやすい。
装置が舌に当たると痛みが出ることがある。
ワイヤーを締めた痛みが出ることがある。
金具が原因の口内炎ができやすい。
治療のかかる期間
6ヶ月〜(症状・個人差による。ワイヤー矯正と比べほぼ変わらない)
12ヶ月〜(症状・個人差による。)
6ヶ月〜(症状・個人差による。)
6ヶ月〜(症状・個人差による。マウスピース矯正と比べほぼ変わらない)
通院回数
1~2か月に一度(遠方でも通院可能)
3週間から4週間に一度
3週間から4週間に一度
3週間から4週間に一度
治療のかかる期間
6ヶ月〜(症状・個人差による。ワイヤー矯正と比べほぼ変わらない)
12ヶ月〜(症状・個人差による。)
6ヶ月〜(症状・個人差による。)
6ヶ月〜(症状・個人差による。マウスピース矯正と比べほぼ変わらない)

院長

略歴
東京医科歯科大学歯学部歯学科卒
日本顕微鏡学会
日本歯周病学会東京SJCDレギューラーコース修了
インプラントベーシックコース - ノーベルバイオケア
インプラントベーシックコース - ストローマン
インプラントベーシックコース - アストラテック

矯正担当医 山口明日香

略歴

東京医科歯科大学歯学部歯学科卒

都内審美歯科勤務

日本成人矯正歯科学会
同学会第Ⅴ期認定医研修プログラム受講
インビザラインシステム 導入コース 受講
UCLA歯科矯正 サーティフィケート 取得

矯正担当医 馬場優也

略歴
東京医科歯科大学歯学部歯学科卒
東京医科歯科大学歯学部附属病院 臨床研修医修了
東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科
医歯学系専攻 老化制御学講座 高齢者歯科学 博士課程修了
東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科
医歯学系専攻 老化制御学講座 高齢者歯科学 
医員東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科
医歯学系専攻 老化制御学講座 高齢者歯科学 非常勤講師
東京医科歯科大学歯学部附属病院 義歯外来 所属

動画で矯正治療の様子を公開!!

マウスピース矯正の治療動画
矯正歯科は、歯並びをきれいに治し、正しいかみ合わせに導く治療です。
ただ見た目を美しくするだけでなく、歯の清掃性を良くして、虫歯や歯周病を防ぐといった口腔環境の改善・予防的な効果や、噛む、話すといった機能を向上する効果も持ち合わせています!
成長期のお子さんの場合は、顎の成長発育を正しく促すことで全身のバランスが良くなる、かみ合わせが良くなることで集中力が高まるといった効果もあります。
こうした身体的なメリットはもちろん、自信を持って笑顔になれることで前向きになる、積極的になるといった精神的な変化も多く見られます。

患者さまのお悩みや生活スタイルに合う
矯正方法を提案

患者さまの歯の状態だけを考えて矯正方法を選ぶこともできますが、矯正治療は患者さまの生活スタイルにも深く関わる治療だと思いますので、患者さまご自身にしっかり知識を持っていただいた上で選んでいただきたい、と考えています。

そのため、それぞれの矯正方法の特徴やメリット、デメリットをお伝えし、患者さまの生活スタイルとの相性も踏まえて、より良い方法をおすすめするようにしています。そのためのご説明の時間は惜しみません。

矯正中の虫歯の治療やクリーニングにもしっかり対応

当院は矯正治療だけでなく、虫歯治療やクリーニングといった一般的な歯科診療や、親知らずの抜歯といった外科的処置など、幅広い歯科診療に対応している歯科医院です。
矯正治療中は装置によってブラッシングがしづらくなるため、歯と装置の間などに汚れがたまりやすくなり、気づかないうちに虫歯や歯周病が進行してしまうことがあります。
また、矯正中に治療が必要な問題が起きた時、別の歯科医院へ通うことは患者さまの負担になってしまうと思います。そのため当院は、問題が起きても早めに対応できるよう、総合的な治療をご提供できる環境作りに力を入れています。

見た目だけでなく、噛み合わせなどの機能面にもこだわりを持って治療

治療時に見た目を重視するあまり、機能面がおろそかになってしまうと、食事や会話に支障を来す可能性があります。そうならないように、当院では自然な見た目に整えることはもちろん、お口の機能をしっかりとサポートできる治療を心がけています。

噛み合わせにも注意して治療を仕上げますので、機能と外見の両方に配慮した診療をお求めの方は当院へお越しください。

清潔な空間で気持ちの良い治療を提供

治療では口腔内で使用する器具がたくさんあります。それらの器具は唾液や血液に触れることがあるため十分な滅菌が必要です。また、治療の最中に患者さんの微量な唾液や血液が診療台の周囲に飛散してしまうことも考えられます。優れた滅菌装置や、使い捨ての手袋などの使用、診療台周りの消毒が常に行われているので安心して治療が受けられます。

FAQ

Q
本当に目立たないのでしょうか?
A
はい、透明なので目立ちません。
至近距離でじっくりと見ない限り、気づかれにくいでしょう。
Q
食事の時はどうすればいいのでしょうか?
A
マウスピースは外して美味しく召し上がってください。
「外せる」ということが何よりマウスピース矯正のメリットです。
水や糖分を含まない飲み物を飲む程度なら装着しておいても良いでしょう。
熱い飲み物、甘い飲み物は外してお召し上がりください。
Q
マウスピースを付けている時に煙草を吸ってもいいのでしょうか?
A
口内を清潔に保つためには外して吸って頂くことをお勧めします。
装着したまま喫煙した場合でもマウスピースに目立ったヤニによる着色、汚れがつくことはありませんが、ニコチンやタールなどの付着などがあるのでしっかり洗浄して清潔に保つようにしましょう。
Q
マウスピースが付けていられるか心配なのですが、大丈夫でしょうか?
A
金具の矯正装置のようなゴツゴツとした異物感に比べると、マウスピースは「ツルツル」としたかなり滑らかな形状です。
心配であれば、ホームホワイトニング(マウスピースで行うホワイトニング)を試されると良いでしょう。ホームホワイトニングは1日2時間、使用します。このマウスピースが使用できれば「マウスピース矯正」は問題なくできるはずです。
マウスピース矯正を着け続ける事が難しいと感じる方には裏側矯正が良いかもしれません。
Q
食事の時はどうすればいいのでしょうか?
A
マウスピースは外して美味しく召し上がってください。
「外せる」ということが何よりマウスピース矯正のメリットです。
水や糖分を含まない飲み物を飲む程度なら装着しておいても良いでしょう。
熱い飲み物、甘い飲み物は外してお召し上がりください。

Access

都営新宿線 船堀駅 徒歩4分
平日の診療時間は10:00~13:00と14:30~19:00で、土曜日の診療時間は9:30~13:00と14:30~18:00、日曜日・祝日が休診日です

予約はこちら

お電話でもお気軽にお問い合わせください
Tel.03-6456-0372
受付時間 10:00〜19:00
土曜9:30~ 13:00 / 14:30 ~ 18:00
休診:日曜日・祝日
WEB予約はこちら
24時間WEB予約可能